試作/少ロット型

量産金型に比べ耐久性、成形性が劣りますが「ロット数が少ない」「短納期で」「出来るだけコストを抑えたい」という製品に適しています。

NC切削による工法
ソフトスチールの無垢よりNC切削にて加工する製法。 鋼材とアンダーカットの処理が異なるだけで工法は量産型と同じです。

 

②亜鉛鋳造+NC切削
亜鉛合金にて大まかな金型形状を鋳造し、そこからNC切削にて加工する製法。 亜鉛合金は切削性、リサイクル性に優れている為、大型(バンパー、インパネ等)の金型の場合、①の工法に比べ大幅な工期短縮、コストダウンが図れます。
亜鉛鍛造+NC切削


量産金型
超精密金型から大物まで対応可能。ご希望であれば量産成形までサポート可能です。

紛失した金型の再現

現存する部品から形状を読み取りCADデータを作成し、ロット数、用途によって工法を選定し金型を再現します。

Company
Useful
Copyright © 2006 H.I.GIKEN Co., Ltd. All rights reserved.